AFR社:金属加工ファイバケーブル(Metalized Fiber Cable)

2016年6月27日


AFR社による金属加工ファイバケーブル(Metalized Fiber Cable)の取り扱いを開始しました。

特徴
  • シングルモード、マルチモード、PMファイバに対応
  • 金属加工を自社(AFR)内で管理
  • Telcordia規格に適合
  • バタフライパッケージに対応するよう設計
  • はんだづけを容易に行うことが可能
  • カスタムにも柔軟に対応
アプリケーション
  • バタフライパッケージのフィードスルーに
  • 同軸(Coaxial)パッケージのフィードスルーに
  • ハーメチックパッケージに
製品説明

メタルフィルムをスパッタリング法によってファイバ表面に沈着させています。金属加工されたファイバをはんだ付けすることでパッケージ内が密閉され、光学機器の信頼性は高いものとなります。このファイバは光電子機器のパッケージングに特化して設計され、パッシブ・アクティブ両製品に使用することが可能です。

詳しい仕様は下記画像リンク先から↓


ご不明点、ご要望などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。