RIO 狭線幅レーザー

RIO(Redfern Integrated Optics 米国)

日本デバイス株式会社はRIO社の日本総代理店です
 

<外部共振器レーザーメーカー>

RIOの独自の技術PLANEX(PLCにブラッググレーティングを描き込み、レーザーチップとハイブリッドアセンブリ)を採用しており、

DFBレーザーと比べ、外部共振型レーザー(ECL)の共振器長が長いために狭い線幅と低周波ノイズを得る事ができます。

PLANEXは振動に対して感度がとても低く低コストソリューションとして干渉型ファイバーセンシングに魅力的な技術です。

また、高い安定性・信頼性からNISTの先進ファイバセンシングプロジェクトに参加しております。

各データにつきましては日本デバイスにお問い合わせください。

また、よりコンパクトで動作温度が広い14pinバタフライタイプもございます。

よくあるご質問はこちら

ハイパワー・偏波保持・カスタマイズ可能
取扱製品一覧はこちら

ラインナップはこちら(取扱い製品一覧

OrionTMPlanexTMGrandeTMOPLL

orion planex
grande opll

 

 

特徴

アプリケーション

◆狭線幅 (1kHz-15kHz) ◆ファイバーセンシング
低位相ノイズ・低RIN ◆石油・ガス検知
◆高出力 2W ◆インジェクションシーダ
◆高波長安定性 ◆コヒーレント光通信
◆動作温度 0 +70(ケース温度) ◆ライダー
◆耐振動・耐音響ノイズ ◆風・乱気流計測
◆CW/変調パルス駆動 ◆境界警備

製品仕様

rio-top-graph1
* 1064nm製品は線幅15kHz, 5kHzのみ
**1064nm製品は(min)20pm

rio-top-graph2(PlanexTMrio-top-graph3(PlanexTM

 

rio-top-graph4rio-top-graph5

                                                         (ColoradoTM

よくあるご質問 ~FAQ~

1. 型番の”1550nm+/-10nm”は波長可変範囲ですか?

波長可変範囲では無く、中心波長の公差です。この場合、1540-1560nmのどこかの波長となります。

2. 波長可変範囲はどのくらいですか?

PLANEX/ORIONについては、温調による可変幅は数十ピコメートルです。

C-bandまたはL-bandで可変が出来るCOROLADOという製品もございます。

3. PLANEXで線幅1kHz(Gr5)の製品はありますか?

線幅がドライバに依存する面があり、PLANEXでは対応しておりません。ORIONの出力10mWでのみでのご対応となります。

4. 短納期の製品はありますか?

RIO社には100台ほどの在庫があり、PLANEX/ORIONは受注後数週間で納入可能です。

5. デモ機はございますか?

1064nm、1550nm共にございます。お気軽にお問合せ下さい。