高出力狭線幅レーザ光源


型番: AULLD

メーカーamonics_logo(Amonics・香港)

RIO社のPLANEXを光源に用いた、高出力狭線幅レーザーです。
狭線幅、低位相ノイズ、そして非常に低い相対強度雑音(RIN)を特徴とし、
石油やガスの採掘(ブリルアンDTSSセンシング)・LIDARなどに適した高性能の製品です。

アラームや状態表示機能を備えたターンキー型デバイスとして、電源に繋ぐだけで簡単にご使用頂けます。

下記のラインナップの他、御希望の入力/出力レベル別に適した製品をご案内可能です。
記載の無い仕様をお探し、あるいは特殊な製品をご希望の際は、カスタムにも柔軟に対応させて頂きますので、
ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

特徴

  • 狭線幅
  • 低位相ノイズ
  • 非常に低い相対強度雑音(RIN)
  • 2Wまでの高出力
  • RS232またはTCP/IP によるリモートコントロール

製品仕様

 項目 AULLD series
動作波長 ITU DWDM または カスタム, + 0.04, CW @ rated power
出力 25, 50, 100, 200, 500, 1000, 2000 mW
線幅(FWHM) 5, 10, 15 kHz
アイソレーション Min. 30 (動作温度内で使用した場合)
サイドモード抑圧比(SMSR) Min. 35, Typ. 45, CW @rated power (定格出力)
コントロールモード DB-9 female (RS232), LabView コントロールソフトウエア含むRJ-45 (TCP/IP Ethernet) (オプション)
動作温度 0℃ to +40℃
保存温度 -10℃ to +70℃
パッケージ 260(W) x 330(D) x 120(H)mm
光コネクタ PM fiber, SMF-28e (オプション)

共通仕様

  • 出力パワーモニタリング機能
  • コネクタ:FC/APC,FC/UPC,SC/APC,SC/UPC

オプション

  • 使用ファイバ:SMF-28e
  • パルス対応モデル等
  • 制御モード (Ethernet コンピュータインターフェース)
pdf製品資料:ダウンロード(準備中)

詳細については、お問い合わせ下さいませ。