反射減衰量 測定器

メーカー図2(OZ Optics 社)

OZ Optics社製 ベンチトップ型 後方反射測定器(BM-1000、BM-2000)は、ピグテール型デバイスやファイバ試験などで蓄積されたリターンロスを計測します。レイリー散乱、テスト中の機器で生じた反射関連の指数の変化、コネクタの終端部などによって生じたリターンロスの計測に使用されます。

◆ 特徴

  • 対応波長:6331625nm
  • ダイナミックレンジ: 最大0 to -75dB
  • 一台で広範囲の測定波長に対応
  • 挿入損失(Insertion Loss)の測定用ディテクタを追加可能(オプション)

◆ アプリケーション例

  • OCT機器のテスト
  • 光パッシブ部品の後方反射量計測
  • 挿入損失計測
  • 終端部と終端部の損失計測
  • 品質管理
  • 光部品やシステムの問題検知
  • ネットワーク装置

製品仕様

項目 仕様
中心波長 633nm 850nm 1060nm 1310nm 1550nm 1625nm
出力 ≧-3dBm
コネクタ FC/APC
SM ファイバサイズ 4/125 5/125 6/125 9/125
MM ファイバサイズ 50/125,62.5/125
SM 反射ダイナミックレンジ 0 to -55dB 0 to -60dB 0 to -70dB 0 to -75dB
MM 反射ダイナミックレンジ 0 to -30
反射率精度

±0.4dB, up to -50dB

±1.0dB, up to -65dB

±2.5dB, up to -70dB

±3.5dB, below -70dB

入力電圧 9-12V DC アダプタ
外寸 280x300x100mm
動作温度 -10 to 55°C
ディスプレイ タッチスクリーン
pdf製品資料:ダウンロード [C Band & Extended C Band DWDM EDFA] 詳細については、お問い合わせ下さいませ。